管理人ブログ

中学生でニキビ跡ができたら…取り返しのつくうちにスキンケアを!

投稿日:

中学生 ニキビ跡

 

中学生でもニキビが多発すれば、炎症が治まりきらずにニキビ跡になってしまう可能性があります。

 

しかし、中学生ということはニキビ歴はまだ浅いわけですから、すぐにスキンケアをすれば治療の難しいニキビ跡でも消すチャンスはあるはず!

 

もちろん、中学生でできるスキンケアは限られてきますが、その分、若さがあるので皮膚のターンオーバーに期待ができます♪

 

中学生におすすめのニキビ跡ケア

このサイトでは、美容外科クリニックでのレーザー治療から、自宅での化粧水によるスキンケアまで、ニキビ跡のケア方法をたくさんお伝えしています。

 

その中で中学生におすすめのニキビ跡ケアは、やはりターンオーバーを促すタイプの治療法ですね。

 

ニキビ跡が色素沈着でもクレーター肌でも、中学生ならまだ肌が柔軟なので、ピーリング化粧水で肌のターンオーバーを促すことで少しずつニキビ跡を薄くする事が可能です。

 

ダメなのは放ったらかしにしておくことなので、男の子といえどもきっちりニキビ用化粧水を使ってスキンケアしましょう!

 

中学生でも使えるニキビ用化粧水には、ピーリング作用がある成分を配合していたり、ライン使いでピーリング液を用意しているものがあります。

 

大切なのは次々に出てくるニキビを炎症を残さずに治しながら、ニキビ跡をこれ以上悪化させないようにしないと、いつまでたってもイタチごっこになってしまいます。

 

 

中学生にレーザー治療は必要?

もし、まだ中学生なのにひどいクレーター肌になっている場合、美容外科クリニックなどでレーザー治療は必要でしょうか…。

 

たしかに中学生や高校生の思春期時代が一番ニキビ跡を気にする年頃で、イジメに繋がったりもするので、ご両親からすればレーザー治療をしてでも消してあげたい…という状況になると思います。

 

もちろん、中学生のお子さんの気持ちが第一なので、イジメなどに発展している場合は、レーザー治療やケミカルピーリングなど、美容外科クリニックの治療を選択してもいいと思います。

 

ただ、自分たちだけで決めてしまうのではなく、たくさんの患者さんを見てきた皮膚科の主治医の先生や美容外科クリニックに相談して、専門家の意見を聞いて判断しましょう!

 

 

まとめ:ニキビ跡にならないように

中学生のころは新陳代謝が活発なので、ニキビが本当に多発する年代です。

 

なので、ニキビ跡にならないようにスキンケアをきっちり行ってニキビの炎症を鎮めることがとても大切で、ニキビが出始めた頃から、専用の化粧水を使ったほうがいいですよ。

 

慣れない間は、普通の洗顔石鹸を使っているだけだと、ニキビが一気に大量にできてしまうかもしれませんので…。

 

何事も予防が大切ということですね。(*^_^*)

-管理人ブログ
-, ,

Copyright© ニキビ跡治療トータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.