ニキビ跡の治療法

妊娠中はニキビ跡に要注意!ニキビ予防とおすすめニキビ跡ケア方法

投稿日:

妊娠中 ニキビ跡

 

妊娠中は、女性ホルモンのバランスの乱れが原因で肌トラブルが起こる事がとても多いです。

思春期のように顔にニキビができてしまったり、背中やお尻に吹き出物が出るといったトラブルも報告されています。

 

これは赤ちゃんを授かったことで出産に備えた体の変化なので、ある程度は仕方がありませんが、大切なのはニキビ跡を残さない事です。

 

そこで今回は妊娠中と出産後のニキビ跡ケアについて、詳しく解説させていただきます。

 

妊娠中にニキビができやすい原因

妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になり、エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)がたくさん活動します。

実はこの2種類のホルモンが、妊娠中の母体の肌に大きく作用してしまうんです。

 

エストロゲンは肌に対して良い効果を持っており、ニキビを予防したり改善する働きがあります。

一方、プロゲステロンは母体の肌に悪い影響を与えることで知られ、皮脂の分泌を促進するためニキビや吹き出物の原因になってしまいます。

 

妊娠してからすぐに、このプロゲステロンが大量に分泌され、そのあとにエストロゲンが分泌されるため、特に妊娠初期にニキビや吹き出物がたくさん出てしまう可能性があります。

 

エストロゲンが分泌されればニキビも治まってきます。

 

しかし、妊娠中は体の変化から母体の肌を取り巻く環境が変わるため、プロゲステロンだけではなく運動不足や睡眠不足、便秘、ストレス、つわりによる栄養不足なども関係してきます。

 

それほどニキビや吹き出物ができやすいのが妊婦さんだということですね。

 

 

妊娠中のニキビ治療法

妊娠中は胎児への影響を考える必要があり、特に内服の抗生剤などは処方されない場合があり、もちろんお医者さんに確認せずに自分で判断して使用するのはNGです。

 

薬剤で治療するよりは、天然成分を使用したニキビ専用の化粧水で妊娠中でも使用できる商品を選んでスキンケアします。

 

ただし、妊娠中のニキビの原因はスキンケアだけでなく女性ホルモンと生活環境にある場合が多いので、簡単には治らない可能性があります。

 

特に便秘が原因になっている場合は便秘の治療を行う必要があります。

 

妊娠中におすすめなのはオリゴ糖を使用した便秘治療なので、よかったら試してみてくださいね。

 

 

妊娠中のニキビが跡になってしまったら…

もしニキビ跡になってしまったら、それ以上悪化させないようにスキンケアをしながら、できれば出産が終わるまで待つほうがいいです。

 

というのも妊娠中はニキビ跡を治療するのが難しいだけでなく、赤ちゃんに集中してあげることの方が大切だからです。

 

出産してから落ち着いてニキビ跡を治療しましょう。

 

出産が終われば、ニキビ跡の治療方法はたくさんありますので、美容外科クリニックで治療するのもいいですし、赤ちゃんの育児で忙しい場合はニキビ跡に効果がある化粧水などでケアするのもいいですね。

 

もし妊娠中にどうしてもニキビ跡を治療したい場合は、刺激の少ないニキビ跡専用化粧水を使用するようにしましょう。

 

 

最後に:おすすめ化粧水

妊娠中にできたニキビ跡におすすめの化粧水をご紹介します。

最近、このサイトでおすすめさせていただいているのが『ベルブラン』です。

ニキビ跡 ベルブラン

 

美容大国アメリカとフランスの楽天ランキングでも1位を受賞したニキビ専用化粧水で、ニキビ跡をケアするのに効果が高い成分を配合しています。

ベルブラン公式サイト

 

特にグリチルリチン酸ジカリウムである甘草エキスを浸透しやすいようにナノ化して配合し、抗炎症作用で新しいニキビを予防し、グラブリジンがメラニン合成酵素を阻害してくれます。

 

さらにはトラネキサム酸や大きさの違う3種類のヒアルロン酸で保湿をしてくれるので、ニキビ跡を効果的にケアできる化粧水になっています。

 

おすすめは、このベルブランを使ったコットンパックです。

greger

 

毎日おこなうことでかなり綺麗に仕上がりましたので、よかったら試してみてくださいね。

※コットンパックは5分以上行うと乾燥してしまうので気をつけてくださいね。

-ニキビ跡の治療法
-, ,

Copyright© ニキビ跡治療トータルガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.